寄宿舎

寄宿舎の概要

寄宿舎

 現在,本校寄宿舎には,小学部から高等部専攻科までの舎生が,2階建ての寄宿舎で生活しています。

 寄宿舎の特性を活かしながら,学校・家庭との連携を図り,文化的にして明朗かつ規律ある寄宿舎生活を営むことで,よりよき人間形成を目指し,社会自立に必要な諸能力を養うことを目標にしています。

入舎対象者

  • 遠距離で通学が困難な者
  • 教育的配慮から入舎を希望する者

※ただし,健康上の理由から宿泊には難しいと判断される場合は除きます。

入舎の申し込み

  • 転・入学により入舎を御希望の方は,教育相談や面談の際に御相談ください。
  • 通学児童・生徒で入舎を御希望の方は,速やかに学級担任に御相談ください。
  • 原 則として,入舎の申し込みは年度末(在校生1月・新入生2月)までに行い,入舎は次年度からになります。ただし,諸事情により年度途中に入舎の希望がある 場合は,早めに担任に御相談ください。担任及び部主事から入舎の意向を受けた時点で入舎時期や諸手続きについて御説明いたします。

寄宿舎での生活

 小学部男女・中学部男女・高等部女子の寄宿舎生は1階で,中・高等部男子の寄宿舎生は2階で過ごしています。余暇時間はテレビ視聴や音楽鑑賞,散歩などをして楽しく過ごしています。

 また,寄宿舎生による自治活動行事として,新入生の歓迎会をはじめ,夏祭り・年忘れ会・送別会などが行われています。

 寄宿舎生の規則正しい生活習慣や身辺自立等の獲得を目指し,寄宿舎指導員や舎監が支援にあたっています。