盲学校Q&A

Q1.
盲学校の児童生徒は全員,目が見えないのですか?
Q2.
盲学校で勉強しているのは小・中学生だけですか?
Q3.
盲学校へ入るとどんな勉強をするのですか?
Q4.
卒業後の進路はどのようになっていますか?
Q5.
低視力(弱視)の場合,学習の手段はどうするのですか?
Q6.
全盲の場合の学習手段はどうするのですか?
Q7.
高校を卒業しているのですが,盲学校に入学できますか?
Q8.
盲学校で学習する場合,費用はどの程度かかりますか?
Q9.
土浦に住んでいます。通学に自信がないのですが?
Q10.
一般の小・中学校から盲学校に転校することは可能ですか?
Q11.
近視や遠視以外で視力が低下するのはどんな場合ですか?
Q12.
視力以外にどんな見え方の不自由がありますか?
Q13.
街中で見かける凹凸のある黄色いブロックは何ですか?
Q14.
全盲の人が一人で歩くことは可能ですか?
Q15.
視覚障害者でもコンピューターの利用は可能ですか?
Q16.
視力が低下して,学習や日常生活に不便を感じるようになりました。どこに相談したらよいのですか?

Q1.盲学校の児童生徒は全員,目が見えないのですか?

A1.
いいえ,本校では,約6割が弱視(低視力)の児童生徒です。盲学校への入学基準はめがねをかけての視力が,おおむね0.3未満,または視野が せまいなど,視機能に障害のあることです。

Q2.盲学校で勉強しているのは小・中学生だけですか?

A2.
小・中学生だけではありません。小学部,中学部の他に幼稚部(3才〜5才),高等部本科普通科(中卒課程),高等部本科保健理療科(中卒課 程),高等部専攻科保健理療科(高卒課程),高等部専攻科理療科(高卒課程)があります。また,乳幼児の教育相談を行う早期教育部もあります。

Q3.盲学校へ入るとどんな勉強をするのですか?

A3.
幼稚部・小学部・中学部・高等部普通科では一般の幼稚園や学校とほぼ同じ教科を勉強します。学習内容も同じです。
高等部本科保健理療科では,あん摩マッサージ指圧師の資格を取得するための勉強をします。一般の高等学校の職業科と同様に普通教科の勉強もあります。
高等部専攻科保健理療科では,あん摩マッサージ指圧師,専攻科理療科では,あん摩マッサージ指圧師とはり師,きゅう師の資格を取得するための勉強をしま す。
この他に各学部とも一人一人の状態に応じて日常生活や歩行訓練を行う自立活動という時間もあります。

Q4.卒業後の進路はどのようになっていますか?

A4.
早期教育部・幼稚部・小学部・中学部では本校の上の学部に進学したり,一般の小学校・中学校・高等学校に進学します。入試に際しては特別な配 慮がなされます。
高等部普通科を卒業すると専攻科保健理療科や理療科へ進んだり,大学へ進学する人もいます。
専攻科理療科・保健理療科の卒業後の進路は,病院・治療院・老人保健施設等への就職や自宅開業があります。

Q5.低視力(弱視)の場合,学習の手段はどうするのですか?

A5.
文字を大きくして勉強します。小・中学部では一般校で使われている教科書を拡大した拡大教科書も使用されます。拡大教科書の出版は増える傾向 にあります。また拡大コピーを利用したり,パソコン等で拡大文字の教材を作成します。通常の教科書を読む場合はルーペを利用したり,テレビのような拡大読 書器を用いて文字を拡大します。また黒板を見る時には単眼鏡を用いる人もいます。

Q6.全盲の場合の学習手段はどうするのですか?

A6.
点字や立体コピー,テープレコーダー等を使って学習します。立体コピーは地図やグラフの線が浮き出ています。それを指で触って読み取ります。 点字の学習が難しい生徒は授業をテープレコーダーに録音して学習します。

Q7.高校を卒業しているのですが,盲学校に入学できますか?

A7.
できます。30代,40代,50代の方も理療科で学習をしています。最終学歴が中学校の方でも,高等部本科保健理療科に入学が可能です。この 課程を修了すると高校卒業と認定されます。

Q8.盲学校で学習する場合,費用はどの程度かかりますか?

A8.
授業料は各学部とも無料ですが,学校給食費など諸経費がかかります。給食費や通学費などについては家族の収入等に応じた補助制度(就学奨励 費)があります。

Q9.土浦に住んでいます。通学に自信がないのですが?

A9.
全室冷暖房完備の寄宿舎があります。通学困難な人以外でも入舎は可能です。食費など寄宿舎居住に伴う経費が必要ですが,家族の収入等に応じた 補助制度(就学奨励費)があります。

Q10.一般の小・中学校から盲学校に転校することは可能ですか?

A10.
可能です。また,盲学校に入学しても状況に応じて一般の小・中学校に転校することも可能です。

Q11.近視や遠視以外で視力が低下するのはどんな場合ですか?

A11.
「白内障」の場合
水晶体が白く濁る病気で,すりガラス越しに物を見ているような状態です。
手術で水晶体をとった場合,水晶体に相当する凸レンズで矯正します。

「緑内障」の場合
眼圧が高くなる病気です。急性の場合は激しい頭痛を伴い失明の危険があります。多くの場合慢性で,徐々に視野が狭くなります。

「網膜色素変性症」の場合
カメラでいえばフィルムにあたる部分の網膜が変性を起こし,視力が低下します。同時に暗い所での見えにくさ(夜盲)と視野が狭くなるという症状も起こりま す。進行性なので,大人になってから自覚するケースも多いようです。

その他には視神経の病気も視力の低下を引き起こします。

Q12.視力以外にどんな見え方の不自由がありますか?

A12.
視野
自分の周りを見ることが困難になります。足下が見えずつまずいたり,半分しか見えず人とぶつかることも多くなります。また中心部が見えないこともありま す。

光覚
明るい所ではまぶし過ぎたり,暗い所では夜盲が起こり見えにくくなります。

色覚
まったく色が分からないか,色によっては区別しにくいことがあります。

その他
物を見たとき立体感が得られなかったり,二重に見えたりすることがあります。

Q13.街中で見かける凹凸のある黄色いブロックは何ですか?

A13.
それは点字ブロックです。最近は黄色だけでなく歩道と同じ色の物もありますが,視覚障害者が安全に歩けるように設置されたものです。そのため 点字ブロックの上に物を置いたり,自転車や自動車がとめられていると大変危険です。

Q14.全盲の人が一人で歩くことは可能ですか?

A14.
白杖を使用することで可能です。本校では一人歩きが可能となるよう,授業の中に歩行訓練を取り入れています。

Q15.視覚障害者でもコンピューターの利用は可能ですか?

A15.
音声ソフトを使うことで全盲の人でもコンピュータが使えます。視覚障害者用のソフトもありますが,音声ソフトと組み合わせれば一般のソフトも 使用可能です。また,画面を拡大することで低視力者にも使いやすくなります。

Q16.視力が低下して,学習や日常生活に不便を感じるようになりました。どこに相談したらよいのですか?

A16.
茨城県立盲学校にお問い合わせ下さい。本校では 「学習相談」 を行っています。乳幼児の発達相談をはじめ学習や日常生活訓練,進路相談にも応じています。電話連絡をいただければ,ご都合に合わせた日程で来校いただく か,あるいは職員が出向いて相談に応じます。各学校への巡回相談も可能です。