校長あいさつ

就任のあいさつ

村山 亮 校長 今年度4月より茨城県立盲学校,第33代の校長を拝命した村山亮です。県内24校の 特別支援学校がある中,唯一の視覚障害教育を行う校長となったことの責任の重さを感じております。一日も早く学校に慣れ,校訓でもある「和敬 明達 剛 健」を具現化できるようにがんばって参ります。多くの皆様方のご支援ご協力をいただけましたら幸いです。

本校の様子

 本校は明治41年(1908年),茨城県知事の森正隆 氏が私財を投じ,茨城盲唖学校を設立し,自らが初代校長に就いたことに始まります。今年,創立110年を迎える県内唯一の視覚障害教育特別支援学校です。
 現在,幼稚部2名,小学部12名,中学部7名,高等部本科普通科8名,高等部本科保健理療科2名,高等部専攻科保健理療科12名,高等部理療科8名の 51名が在籍しています。また,通級指導教室や早期教育サテライト教室等も実施しています。

 今年度の茨城県立盲学校の取り組みにご期待ください。 どうぞよろしくお願いいたします。

             平成29年4月  茨城県立盲学校長 村山 亮